信用調査とはその人の金融履歴を調べる行為

信用調査とは類語がいくつかあります。例えば、その人のタイプを確認するような調査です。例えば結婚相手を探偵業を雇って調べる、ということがそれにあたるわけです。

しかし、大抵の場合、信用調査とは金融信用情報を調査することを指すのです。具体的にどんなことを調べるのか、といいますと簡単にいえばその人のお金を借りた履歴や支払いの状況になります。支払い状況がしっかりとしていますとその人は信用情報力が高い人、ということになります。

お金を借りていること自体がマイナスになることもありますが、支払いさえ出来ているのであればまったく問題ないでしょう。これはキャッシングのようなことでも行われることですし、住宅ローンのような大きな借り入れに関しても調査されるようになります。

やり方はいくつもありますが指定信用情報機関に問い合わせる、ということが貸金業としては最も一般的であるといえるでしょう。これらに自分の記録がされているのです。

 

年金の人の預金とは

年金というのはある意味では非常に安定している収入になるといえます。これは実に有難いことであるといえるでしょう。ですから、定期預金などもどんどん積んでいくことがでるようになります。

もちろん、それは年金よりも出費が多い場合に限ることです。銀行預金というのは非常に安心できますから、貯めておくのであればそちらのほうがよいでしょう。年金受給者というのは何かとサービスに制限が付くことがあります。

例えばオークションでは落札者になっても問題はないですし、レンタルビデオ屋を利用することは問題ないでしょう。そうした物はよいのですが、問題となることがキャッシングなどです。

キャッシングというのがさすがに難しいことになります。要するに安定している収入ではありますが、それでも貸してくれるところはそんなに多くないでしょう。それだけは注意しておいたほうがよいでしょう。

年金受給者ではどうしても信用が少なくなります。低くなってしまうのです。

 

上部などに相談する必要がないメリット

法人営業部などでは、何とかして資金を調達したいと思う事があります。それで不動産担保融資が検討されるケースも、しばしばある訳です。しかしそれには、ネックが幾つかあります。中でも大きいのが、上部とのヒアリングです。

そもそも不動産物件を動かすとなると、会社にとっては一大問題になります。なかなか担当者だけでは決裁することも難しいので、会社の上席に相談する事例も多く見られます。どうしても資金調達までに時間を要するわけです。

ところがファクタリングには、簡単さに関するメリットがあります。少なくとも融資商品と比べると、比較的速やかに調達可能だからです。また決済手続きも、それほど複雑ではありません。わざわざ会社の上部などに確認をする必要もありませんから、手堅く資金調達をしたい時には、大いに活用すると良いでしょう。

ただし支払いまでには、多少は日数が必要です。即日払いにならない事だけは、少し注意を要するべきでしょう。

 

大学生でも土日に関係なくお金を借りることが出来ます

いきなりお金が必要になることがあります。お金を借りるためには社会人でないと無理というイメージがあるかもしれませんがそうではありません。

お金を借りるというとカードローンを思い浮かべますが、オリックスや楽天やみずほなどいろいろな金融機関があってそれぞれコンテンツが異なります。

例えば社会人ではなく、大学生であってもアルバイトなどの定期収入があるという前提で、収入の3分の1までは借りられたり、少しの質問に答えるだけで借りられるか自動診断されてすぐに分かったり、条件つきで30日間無利息のサービスがあったり、ATM手数料無料など様々なコンテンツがあります。金利もその金融機関によって異なるので最も条件に合うところを選ぶのがポイントだと言えるでしょう。

基本的には、土日祝日を含む365日24時間ネットで申し込めて借り入れや返済が出来るところが多いです。ですから、大学生でも簡単に借りることが出来ます。ただし、支払いの滞納は現金なので注意しましょう。

 

銀行系カードローンのススメ

カードローンの利用を考えられている方でどこの金融機関を使えばいいか悩んでいる方、わからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。カードローンを利用される際に審査が甘いからという理由で選ばれると、後々借入額が膨らみ返済に困るケースが多くみられます。

実際に、審査が甘い、通りやすいといった触れ込みで設立されている消費者金融にて借り入れを行い、金利が高く利息を払うのがやっとの状態になり、返済が滞り、自己破産するケースが過去に多くありました。

そのため、国は総量規制対象と位置づけ、年収の1/3までの融資に限定をすることになりました。この対象は、ノンバンク系の消費者金融です。つまり、ノンバンク系の消費者金融は、一人の顧客に対し【年収の1/3×金利=利息】分しか収益を上げる機会がないといえます。

そのため、審査が少し甘くても、利息制限法の上限いっぱいの金利を設定し、一人の顧客あたりの収収益創出機会を少しでも増やそうとしています。

一方、総量規制対象外となるのが銀行系(信金など含む)のカードローンです。融資額も年収の1/3以上を超えて貸付が可能なため、一人顧客あたりの収益創出機会はノンバンク系において高いといえます。

しかし、母体が銀行系ということもあり審査は厳しめです。その代わり、金利設定は安くなっており利用者としてはありがたいです。

そのため、審査が厳しいからという想像だけでノンバンク系に行くのではなく、まずは、銀行系カードローン@総量規制対象外で低金利銀行系のカードローンの利用を検討してみることをススメます。

 

キャッシングの甘い部分について

キャッシングに手を出すのは財布からお金を出すのと一緒でそんなに抵抗なく使えるものだと思う時代となりました。簡単にできるので少額な金額では全然抵抗がないのですが高額な金額を借りるためには少々時間がかかりますが困難な時こそ甘い誘惑に引っかかるようなことになりかねないです。

経営していて従業員を抱えて必死に仕事をしてお金の流れをよくして売り上げをと思うかもしれませんがそういうとき経営状況等が本当に深刻になると審査が簡単でたくさんのお金が借りられますと普通だったら手をださないような甘い誘惑にかられます。

困るときだからこそなんでも手助けしてもらえるなら経営がよくなるのならと縋りつきたいと思いますがそれを狙った金融機関もあります。

多少の金利が高くなっても今が助かれば後は何とかなる、と安易に考えてしまいますがぜひ立ち止まってください。けして高い金利ではいけないというわけではなく計画書を自分なりに作って考えた結果か考えてみることが必要です。

カテゴリー: 「借りる」と「個人情報」 パーマリンク